Site logo
RYUJU'S CAFE
脚本家・龍樹のオフィシャルHP
© 2012 RYUJU All right reserved.

The World Heritage | The Historic Village of Gokayama

The World Heritage - The Historic Village of Gokayama

 富山県の南西端にある、小さな世界遺産の村、五箇山。

84-1

 実際に訪れてみて、僕はある錯覚に取りつかれた。ここへ立ち寄る道中、どこかのタイミング、どこかのラインから、時間の軸みたいなものを跨いでしまったのではないか、という錯覚だ。いったん村の奥深くへ足を踏み入れてしまえば、時代を指し示すしるし―――近代的な建物、企業の広告、雑踏のざわめき、どこかしらで流れている音楽―――といったものは悉く姿を消してしまう。現代という時代そのものが一塊になり、ごっそりと深い穴の中へ落下してしまったかのように。五箇山がかつて流刑地であったことを村の人から教わる。ここはむかし、陸の孤島であったのだと。見渡すとたしかに一帯を取り囲む険しい山々が見える。

 僕は微かに緊張を覚える。いまの五箇山は世界遺産にも登録され、観光客を迎えている。でも、かつてこの集落は閉ざされた共同体だったのだ。

 暫く村の中を歩いて廻る。どんどん時代感覚があやふやになる。僕は自分がいつの時代を生きているのかという確信の拠り所を失っている。でも、人間なんてそれほど確固たる確信をもって、自分がいつを生きているかなんて実感していないのかもしれない。日付の刻まれた新聞、なんとなく見つめるTVのニュース、いやおうなしに日々届くE-MAIL。そういった身辺の小さな事象との接触で、なんとなく人は自分の生きている時代を認識しているのに過ぎないのかもしれない。村の人々と話をすることで、僕は少し落ち着きを取り戻す。でも異世界にいるような感覚は消えない。ここはどこなのか、ではなくいつなのか、という奇妙な感覚。たぶんその妙な感覚は、僕が五箇山に訪れたときの天候が、うっすら湿り気すら感じる、どんよりした曇天であったことも手伝っていたと思う。まったく日が差さない空はどこまでもスタティックで、切り立った合掌造りの屋根屋根にミステリアスな陰影を生んでいる。

 でもやがて、その感覚はどこまでいっても錯覚でしかなかったことに気づく。それは当たり前と言えば、当たり前なのかも知れないのだけれど。やがて天上を覆っていた雲が捌け、煌々と太陽が照り始める。それは間違いなくじりじりとした夏の陽差しで、だんだんと僕は汗ばんでくる。外国人のバックパッカー達がぞろぞろと歩いている姿が見える。携帯電話も通じている。かすかにラジオかTVの音も聞こえる。民宿や土産物売場があることを示すものだって、ちゃんとある。バックパッカーは腕を組んで記念写真を撮り始める。僕は紛れもなくここは現代の日本のどこかで、地に足を踏み入れることが出来る現実の場所であるという感覚を取り戻す。異質な何かは、既に僕の身体を通り抜け、どこかへ消えている。

 五箇山で僕の肌が感じていたものは何だったのかはわからない。でもこうして東京に戻ってきたいまも、写真を見て思い出すだけで、あのときのいささかフェノミナルな感触がありありと蘇る。五箇山の風景はそれまでの僕にとって、昔話やお伽噺でしか伝え聞いていたことのないものだった。しかしそれは現実の風景として僕の目の前に現れた。イメージではなく、アクチュアルなものとして。そこには何らか物語性が孕まれていた。どこかへ出向く、どこかへ足を踏み入れる。旅をすると物語性に接触する。あるときはその中に取り込まれるし、またあるときは自分自身が物語性の一部になる。旅そのものが自分自身を通過する。僕は旅をした。そしてたしかに触れたのだ。

84-2

84-3

84-4

84-5

京都:嵐山、伏見、清水

 翌々週の撮影を控えて、ロケーション・ハンティングへ。
 これから咲き誇ることになる桜、そして人々をじっと待つ。

116-1
116-2

116-3

116-4

116-5

京都:鴨川、伏見、十石舟

 東京にいる限り、変動し続けるあらゆる価値観へ応じなければいけない。
 食文化にアート、建築やファッション。日常の中にあらゆる国々の文化が入り乱れ、そして流行り廃りを繰り返している街では、価値観は固定せず、流動的だ。
そういった意味において、京都は東京と対をなす。千年単位の歴史観が感じさせるのだ。動き続けているものなど、所詮水面の出来事に若かないのかと。

118-1
118-2

118-3

diary.cgi

118-5

京都の桜  大覚寺、円山公園、平安神宮


京都の桜は、見る者にひとつの「病み」を遺す。 その病みは親しい者との別れにも似ている。名残惜しくて、去り難い。

123-1
123-2

123-3

123-4

ロワールからパリへ

 前項のロワールヘのシナハンがてら、空いた日程で久しぶりにパリに寄る。今回のシナハンは自主的なものなので、日程にはわりに余裕がある。余裕があるとなると、概ねやることは決まってくる。折角フランスに来たんだもの。こちらに居る旧友にも会いたいし、ちょっとくらいはカフェでワインも飲みたい。ひたすらじりじりと照りつける太陽があり、いつまでも日の暮れない、うんと昼の長い、夏のパリ。街頭のカフェで日暮れを気にせず、ひたすらぼうっと無為に過ごす時間は他には代え難い。
 という訳で、以降、ちょっとだけパリの話が続きます。


IMG_637222

LA LOIRE | Tours, Blois

IMG_6320

IMG_6321

IMG_6318

IMG_6319

IMG_6317

IMG_6351

IMG_6316

FRANCE | LA LOIRE

番組のシナハンで(正確には構成ハンティング)、フランス・ロワール地方へ。ロワール川は、全長1000キロメートルにも及ぶフランス最大の大河で、河口は大西洋に臨む。このとき僕が向かっていたのは、この川の中ほどの流域「シュリー・シュル・ロワールとシャロンヌ間のロワール渓谷」と呼ばれるエリア。数々の歴史的な古城が建ち並ぶことから、世界遺産に指定されている。ここには、かつて王たちが美の粋を競った、ルネサンス時代の宮殿が綺羅星のごとく点在する。


IMG_6435

Château de Chambord | LA LOIRE

「THE世界遺産」構成の下見で、パリからロワールへ。
 ロワール川の流域に残る古城の中で、最大の威容を誇る、シャンボール城。その広大な敷地の広さは、やや強引な表現だが、パリ市内の大部分と肩を並べる広さとも言われる。往時の王権の強大さを偲ばせる。
 ビザンチン、ゴシック・・・様々な建築様式が入り乱れ、独特の城観をみせるシャンボール城。このロワール最大の城の建築には、ルネサンス期を代表する偉大なる芸術家、レオナルド・ダ・ヴィンチが関わったとされる。


IMG_6322
IMG_6332

IMG_6333

IMG_6335

IMG_6348

Château de Chenonceau | LA LOIRE

パリから再びロワールヘ  
ここは、ロワール川の支流に跨がって聳える白亜の城、シュノンソー城。
この城は、代々の城主が女性であった為、6人の女の城と呼ばれている。


IMG_6285
IMG_6286

IMG_6288

IMG_6313

IMG_6304

IMG_6305

IMG_6307

IMG_6306

 またこの城は、貴婦人達が、その所有権を巡って愛憎劇を繰り広げた場所でもある。中でも一番の確執劇として後世に語り継がれているのが、ディアーヌ・ド・ポワチエとカトリーヌ・ド・メディシスの確執。時の国王、アンリ2世の妻と、その愛人だ。イタリアの名家、メディチ家に生まれたカトリーヌ・ド・メディシスは、イタリアとの外交を重視していた当時のフランス王国の政略を背景に、フランソワ一世の後押しを受け、アンリ2世と結婚する。そのとき、カトリーヌは一四歳に過ぎないが、当時としては特異といえる年齢ではない。 カトリーヌ・ド・メディシスは、芸術への造詣と理解が深く、彼女がイタリアからもたらした食文化が、現在のフランス料理の原型を造ったと言われている。彼女は、王国の文化面に多大な影響を及ぼした貢献者だった。

でも、アンリ2世がシュノンソー城を贈った相手は、妻のカトリーヌではなく、絶世の美女と謳われた二〇歳年上の愛人、ディアーヌ・ド・ポワチエだった。アンリ2世は、事実上、政略結婚の相手だった妻、カトリーヌには関心を示さず、政治的な影響力を持つ事すら許さなかった。アンリ2世の寵愛は、愛人であるディアーヌ・ド・ポワチエへ向かって一心に注がれる。ディアーヌは、アンリ2世の父、フランソワ一世の愛人でもあったが、幼少期のアンリ2世にとって、ディアーヌの姿は、宮廷を自由に出入りする、優雅で洗練された貴婦人として、その記憶に刻まれていた。  年齢を感じさせない美貌とその知性に、やがてアンリ2世は虜になる。アンリ2世は、異例とも言える爵位すら彼女に付与し、ディアーヌは宮廷での影響力を強めていく。カトリーヌはそんなディアーヌに、狂おしいほどの嫉妬を抱いていく。

 優勢の愛人、劣勢の妻。すべてを変える逆転劇を生んだのは、国王アンリ2世の死だった。カトリーヌは、王の寵愛という後ろ盾を失ったディアーヌを直ちに追放し、かねてからの望みだったシュノンソー城を奪い返す。その際、カトリーヌは王が贈ったすべての物品の変換を、ディアーヌに迫ったという。 宮廷を追放された失意のディアーヌは、自らの領地に隠棲し、その地でひっそりと生涯を閉じた。