Site logo
RYUJU'S CAFE
脚本家・龍樹のオフィシャルHP
© 2012 RYUJU All right reserved.

21st Century Museum of Contemporary Art, Kanazawa

21st Century Museum of Contemporary Art, Kanazawa (金沢21世紀美術館)』にて。

兼六園の真弓坂口すぐ近くにある現代美術所蔵の美術館。グラスエリアを広く採り、クリーンで円形状にスタンスする建物の構えが、このミュージアムの指向を物語る。館内には空間を活かしたインスタレーションが数多く存在し、スクエアな天窓から空の移ろいを感じ取ることが出来るブルー・プラネット・スカイ、水面を通じて地上と地下の人々が出会うスイミング・プールは特別な視覚体験をもたらしてくれる。

82-1
82-2

82-3

82-4

82-5

KANAZAWA

 夏の金沢へ。
 たちこめる古都の香り、寡黙で親切な人々、しんとした茶屋街の静寂。
 貴い、不変。

81-1
81-2

81-3

81-4

81-5

THE MUSEUM OF CONTEMPORARY ART,KARUIZAWA

The Museum of Contemporary Art, Karuizawa (軽井沢現代美術館)』にて。

長倉(旧軽と中軽の中間あたり)の森の中にあり、周到に配置された窓は木漏れ日を採光する。開放的でサロン的な雰囲気を持つところが、とても軽井沢の美術館らしい。フラッシュを使用しない限り、写真撮影にも寛容な姿勢にも好感を抱く。

ひと通り廻った後は、温かい紅茶が差し出される。巨大な美術館では味わえない贅沢な時間だ。

91-1
91-2

91-3

91-4

京都府庁旧本館

 現在も執務室や会議室として使われている京都府庁旧本館。
 その竣工は明治三十七年。西暦でいえば、1904年。日本の激動期にあって、その真っ直中に建てられたこの建物は、すでに百年以上もの時を刻む。

121-1
121-2

121-3

121-4


PARIS | Opera, St.Michael

IMG_6420
IMG_6422

IMG_6419

IMG_6416

IMG_6395

IMG_6391

IMG_6366

IMG_6367

IMG_6363

IMG_6148

IMG_6426

IMG_6354

    Château de Chambord | LA LOIRE

    「THE世界遺産」構成の下見で、パリからロワールへ。
     ロワール川の流域に残る古城の中で、最大の威容を誇る、シャンボール城。その広大な敷地の広さは、やや強引な表現だが、パリ市内の大部分と肩を並べる広さとも言われる。往時の王権の強大さを偲ばせる。
     ビザンチン、ゴシック・・・様々な建築様式が入り乱れ、独特の城観をみせるシャンボール城。このロワール最大の城の建築には、ルネサンス期を代表する偉大なる芸術家、レオナルド・ダ・ヴィンチが関わったとされる。


    IMG_6322
    IMG_6332

    IMG_6333

    IMG_6335

    IMG_6348

    Château de Chenonceau | LA LOIRE

    パリから再びロワールヘ  
    ここは、ロワール川の支流に跨がって聳える白亜の城、シュノンソー城。
    この城は、代々の城主が女性であった為、6人の女の城と呼ばれている。


    IMG_6285
    IMG_6286

    IMG_6288

    IMG_6313

    IMG_6304

    IMG_6305

    IMG_6307

    IMG_6306

     またこの城は、貴婦人達が、その所有権を巡って愛憎劇を繰り広げた場所でもある。中でも一番の確執劇として後世に語り継がれているのが、ディアーヌ・ド・ポワチエとカトリーヌ・ド・メディシスの確執。時の国王、アンリ2世の妻と、その愛人だ。イタリアの名家、メディチ家に生まれたカトリーヌ・ド・メディシスは、イタリアとの外交を重視していた当時のフランス王国の政略を背景に、フランソワ一世の後押しを受け、アンリ2世と結婚する。そのとき、カトリーヌは一四歳に過ぎないが、当時としては特異といえる年齢ではない。 カトリーヌ・ド・メディシスは、芸術への造詣と理解が深く、彼女がイタリアからもたらした食文化が、現在のフランス料理の原型を造ったと言われている。彼女は、王国の文化面に多大な影響を及ぼした貢献者だった。

    でも、アンリ2世がシュノンソー城を贈った相手は、妻のカトリーヌではなく、絶世の美女と謳われた二〇歳年上の愛人、ディアーヌ・ド・ポワチエだった。アンリ2世は、事実上、政略結婚の相手だった妻、カトリーヌには関心を示さず、政治的な影響力を持つ事すら許さなかった。アンリ2世の寵愛は、愛人であるディアーヌ・ド・ポワチエへ向かって一心に注がれる。ディアーヌは、アンリ2世の父、フランソワ一世の愛人でもあったが、幼少期のアンリ2世にとって、ディアーヌの姿は、宮廷を自由に出入りする、優雅で洗練された貴婦人として、その記憶に刻まれていた。  年齢を感じさせない美貌とその知性に、やがてアンリ2世は虜になる。アンリ2世は、異例とも言える爵位すら彼女に付与し、ディアーヌは宮廷での影響力を強めていく。カトリーヌはそんなディアーヌに、狂おしいほどの嫉妬を抱いていく。

     優勢の愛人、劣勢の妻。すべてを変える逆転劇を生んだのは、国王アンリ2世の死だった。カトリーヌは、王の寵愛という後ろ盾を失ったディアーヌを直ちに追放し、かねてからの望みだったシュノンソー城を奪い返す。その際、カトリーヌは王が贈ったすべての物品の変換を、ディアーヌに迫ったという。 宮廷を追放された失意のディアーヌは、自らの領地に隠棲し、その地でひっそりと生涯を閉じた。

    軍艦島「JAPAN HERITAGE」ロケハン

    前項に続き、これも「JAPAN HERITAGE」のロケハンにて。
    安易な感動を拒む、日本近代遺産の中でも異質な存在。

    IMG_6139

    IMG_6141

    IMG_6140

    IMG_6134

    IMG_6142

    IMG_6136

    IMG_6135

    IMG_6133