Site logo
RYUJU'S CAFE
脚本家・龍樹のオフィシャルHP
© 2012 RYUJU All right reserved.

Ikeda Museum of 20th Century Art

Ikeda Museum of 20th Century Art (池田20世紀美術館)』にて。
伊豆・一碧湖近くにある、1975年に設立された国内初の本格的現代美術館。
ピカソ、ダリ、シャガール、ジョアン・ミロらの絵画を収蔵する。

70-1
70-2

70-3

70-4

Nike Stadium Tokyo「BRAZIL+BRAZIL=TULIO」「RED TIED TOGETHER RACE」

77-5

東京・中目黒「NIKE STADIUM TOKYO」にて。
このSTADIUMは、2010年5月にグランド・オープン。革新的なプロダクトに加え、第一線で活躍するアスリートの姿、そして様々なアプローチから生み出されるアート&デザインを融合させ、NIKEならではの新たなスポーツの姿が発信されていく拠点だ。

今回招待されたのは、Exhibition「BRAZIL+BRAZIL=TULIO」&「RED TIED TOGETHER RACE」。中々エキサイティングだった。Graphic Artist「TT」とハイファナのPVなどを手掛けている映像作家「ファンタジスタ歌磨呂」によるセッションライブペイント、日本代表のトゥーリオ選手をフィーチャーし、フットボールをテーマとしたアート・インスタレーション「BRAZIL+BRAZIL=TULIO」、また、NIKEがNYを初めとした各地で行っているエイズ撲滅運動のイベント「RACE UP」etc…といった幾つものエキシビジョンが横断的に展開するというイベントだった。壁面に描かれたグラフィック・アートは未完成の状態で発表され、アーティストが観客の前で行なうライブ・ペイントによって最終的な姿に仕上げられる。アートが完成に至るプロセスを体感させる、という仕掛けがハイライトだ。そのパフォーマンスはダイナミックでNIKEらしい。今後も「NIKE STADIUM TOKYO」では様々なスポーツをテーマとしたアート・インスタレーションの展示を行なっていくようだ。

NIKE STADIUM TOKYO
http://nikestadiums.com/category/cities/tokyo/

77-1

77-2

77-3

77-4

21st Century Museum of Contemporary Art, Kanazawa

21st Century Museum of Contemporary Art, Kanazawa (金沢21世紀美術館)』にて。

兼六園の真弓坂口すぐ近くにある現代美術所蔵の美術館。グラスエリアを広く採り、クリーンで円形状にスタンスする建物の構えが、このミュージアムの指向を物語る。館内には空間を活かしたインスタレーションが数多く存在し、スクエアな天窓から空の移ろいを感じ取ることが出来るブルー・プラネット・スカイ、水面を通じて地上と地下の人々が出会うスイミング・プールは特別な視覚体験をもたらしてくれる。

82-1
82-2

82-3

82-4

82-5

NEW YORK : MODERN ARTS

IMG_0088.PNG Franz Kline : Paiting

IMG_0090.PNG Robert Motherwell : Elegy to the Spanish Republic, 54

IMG_0086.PNG Jackson Pollock : Number 1A, 1948

IMG_0076.PNG Willem de kooning : Paiting 1948

IMG_0078.PNG Jackson Pollock : The she-Wolf 1943