Site logo
RYUJU'S CAFE
脚本家・龍樹のオフィシャルHP
© 2012 RYUJU All right reserved.

SADE | SOLDIER OF LOVE

 『何か言いたいことがあるときにしかアルバムを作らない』と、SADE ADUは言う。

sade-soldier-of-love

With ‘Soldier of Love,’ Sade’s Old-School Comeback Works - NYTimes
Sade Stays on Top - NYTimes

 SADEが“久々に”新譜『Soldier of Love』をリリースした。“久々”と一口に言っても、前作のアルバム『LOVERS ROCK』をリリースしたのは1999年のことだから、ちょっと次元が違う。実に10年ぶりの新作となるわけだ。それでいながら、各国のチャートで1位になったりしてしまう。これは、現代の音楽業界において、ちょっとスゴイことじゃないか、と唸ってしまう(いや、ちょっとどころじゃないですね)。音楽業界だけじゃなく、基本的にSHOW BIZの世界は活発な新陳代謝を要求されるから、多くのアーティストは積極的に時代の空気を吸い込んで、自らの活性化を試みる。けど、シャーデーというバンドの呼吸の仕方は昔からナチュラルだ。それは淡々と自分のペースを保ってランニングし続ける長距離走者、あるいは大自然のリズムに沿って生命を営む樹木の息吹を連想させる。だから、この10年というターム―――それがシャーデーである―――が、ごく自然なものに感じる。「ああ、そういえばあれから10年になるんだよな」という感覚だ。

 幾つかのメディア(特に外国の)が、『Soldier of Love』はシャーデーのカムバックだ、という表現の仕方をしているけれども、ちょっとそれはニュアンスが違う気がしてしまう。シャーデーとしてみれば、久々にアルバムを作ろうかしら、という何かのきっかけがあり、そして何かが沸騰してシューと蒸気が吹き出るみたいに『Soldier of Love』が生まれる、それが前作をリリースしてから“たまたま”10年空いた、みたいな具合で、よく巷で用いられる“充電期間”とか、“潜伏期間”には相当しない(潜伏期間に相当しないのは当たり前ですね、まあいいや)。と、非常に勝手な想像ではあるんだけど、だいたいそんな感じなような気がする。

 親しい友人と暫くぶりに再会したときのような感覚が、シャーデーの新しいアルバムの中にある。それは、聴いている人間の何かを浄化する。「やあ」「久しぶり」の2語で事足りる、バンドとリスナーの自然な親密さは『Soldier of Love』に健在だ。10年という時の流れは存在しても、相変わらずSADEのサウンドは自然なドライブを聴かせてくれる。